英語を活かした転職なら Japan Times Jobs - 外資系、バイリンガル、英語求人多数
Contents
外資系企業とは?

医薬品業界

流通業界
自動車業界
金融業界
銀行業界
保険業界
情報通信(インターネット)業界
ホテル・レジャー業界
航空業界
コンピュータ業界
電機・機械・半導体業界
ファッション・アパレル業界
外食業界
食品業界
化学・化粧品・トイレタリー業界
医療機器・精密機器業界
ソフトウエア業界
情報サービス・コンサルティング業界
音楽・映画業界
広告業界
 
 

客観的な立場で、厳しい指摘を実行

 情報サービス会社は、ヤフーなどインターネット関連企業とタブる部分がありますが、おおむねインターネットや自社発行の紙媒体で、ITや金融など各種情報をサービスする会社です。また、コンピュータシステムをサポートする会社も情報サービス会社という区分となります。コンサルティング会社は、企業に対して経営改善や人事改革、採用のコンサルティングを行う会社です。

 情報サービス会社で世界最大手は米国のダンアンドブラッドストリート(D&B)です。D&Bは、世界214 カ国・地域で企業信用調査、マーケティング、コンサルティングなどを行っており、7900万件の企業データを有しています。日本法人のダンアンドブラッドストリートジャパンは1989年4月設立で、総合商社や大手銀行、大企業などを顧客として持ち、国際的な企業情報や現地情報、また、国内各社の企業データの提供を行っています。

 金融機関や大企業の格付け会社としてはムーディーズジャパンやスタンダード・アンド・プアーズがあり、モーニングスターやロイター・ジャパン、ダウ・ジョーンズ・ジャパン、ブルームバーグ・L.P.は金融・経済情報を提供しています。モーニングスターは東証上場企業です。また、情報セキュリティが注目される中、日本ベリサインは電子認証技術のサービスを実施しています。このほか日本IBMグループのアルファテック・ソリューションズ、インフォメーション・テクノロジー・ソリューション、エムエルアイ・システムズ、日本アイ・ビー・エム アドバンスト ソリューションなどコンピュータの情報サービス・システム支援会社が多数あります。

コンサルタントには企業経験の豊富さが必要
 コンサルティング会社としては、アクセンチュア、プライスウォーターハウス・クーパース、KPMGジャパンなどの会計事務所系がコンサルティング部門を分離してきています。これは、米国でエンロンが破綻したことにより、監査を担当する会計事務所がコンサルティング業務も担当すると監査が甘くなるという指摘からです。
 アクセンチュアは、2001年1月にアンダーセンの子会社のアンダーセン・コンサルティングが完全分離・独立した会社で、経営や技術コンサルティング、情報システムの構築などで積極的に活動し、約2000人の陣容です。
 コンサルティングでは、有能な人材獲得を得意とする世界的なヘッドハンティング会社が、日本市場でも活躍しています。主要企業としてはスイスに本拠を置くエゴンゼンダーインターナショナル、米国に本社を持つ日本コーン・フェリー・インターナショナル、日本スペンサースチュアート、ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ・ジャパン・インクがあります。
 これらの人材会社は、企業トップや幹部、有能な技術者を対象としており、ヘッドハンターたちがエグゼクティブ・サーチを行い人材獲得に動くのです。一般的なコンサルティング報酬は契約高(年収)の35〜40%程度、つまり年収2000万円の人材なら700 〜800 万円程度と高額です。企業は本当に欲しい有能な人材はヘッドハンティング会社を通すことも多く、水面下で熾烈な引き抜き競争が行われています。

 さらに、経営・人事コンサルティングに重点を置いた企業としては、ボストン・コンサルティング・グループ、マッキンゼー&カンパニー・インク・ジャパン、A.T.カーニー、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン、ヘイコンサルティンググループ、ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッド、タワーズペリン、ワトソンワイアットなどがあります。いずれも親会社は米国に本社を持ちますが、ボストン・コンサルティング・グループの日本法人は1955年10月設立と、外資系コンサルティング企業の老舗です。
 これら外資系コンサルティング企業は、第三者的なシビアな視点から日本企業の甘さを指摘し、大胆な経営改革を実行できるところが長所です。ただ、昨今、日本企業から「高額の報酬を取りすぎるわりに中身が薄い」との厳しい見方も出てきています。コンサルタント自身の企業経験や資質に問題がある場合があり、今後はコンサルティング会社自体のリストラが始まり、淘汰の時代となるかもしれません。

 コンサルタント業界の志望者をみると、東大など有名大学の学生が多いのが特徴ですが、コンサルティングという業務は頭で理解しているだけではなかなか適切なアドバイスはできません。いかに顧客企業の経営内容・実体を把握し、分析できるかがポイントです。そのためにもこうした業界を志望する学生は、中小企業診断士など経営分析の資格を取得するといいでしょう。

晴れ ところにより雨
ところにより
アクセンチュアなど一部企業は新卒・中途を大量採用している。情報サービス系は採用意欲は高い。ただし、コンサルティング企業の採用はヘッドハンティングや紹介のみでほとんどない。
 

 
利用規約 プライバシーポリシー お問合せ採用ご担当者 Copyright (C) 2002 The Japan Times Entertainment, Inc. All rights reserved.