英語を活かした転職なら Japan Times Jobs - 外資系、バイリンガル、英語求人多数
Contents
外資系企業とは?

医薬品業界

流通業界
自動車業界
金融業界
銀行業界
保険業界
情報通信(インターネット)業界
ホテル・レジャー業界
航空業界
コンピュータ業界
電機・機械・半導体業界
ファッション・アパレル業界
外食業界
食品業界
化学・化粧品・トイレタリー業界
医療機器・精密機器業界
ソフトウエア業界
情報サービス・コンサルティング業界
音楽・映画業界
広告業界
 
 
テロ危機とSARSが航空業界に深刻な影響を与える

日本には、現在、世界41カ国・地域の55の旅客航空会社が就航しています。とくに、1994年9月の関西国際空港の開港により日本に初めて乗り入れたのがベトナム航空、ロイヤル・ネパール航空、エア・カナダなどです。また、90年代後半には福岡空港に台湾のエバー航空、名古屋空港に中国西北航空が乗り入れ、さらに新規航空会社としては、ロシアのウラジオストック航空やサハリン航空、ウズベキスタン航空、ミアットモンゴル航空、タヒチ(仏領)のエア・タヒチ・ヌイ航空、ニューギニア航空、中東のアラブ首長国連邦のエミレーツ航空などが就航しました。
 このほか、「フェデックス」で知られる米国のフェデラク・エクスプレスやルクセンブルクのカーゴルックス航空という航空貨物会社も就航しています。

 ただし、国際的な航空会社の提携や共同運航の進展、あるいはM&A、経営不振などで、これまでマドリード便があったイベリア航空やサベナ・ベルギー航空、南アフリカ航空などが姿を消しています。
 これら外国航空会社で日本市場で攻勢をかけるのは新婚旅行で人気があるオーストラリアのカンタス航空や韓国の大韓航空とアシアナ航空、さらにシンガポール航空、マレーシア航空、バリ島観光のガルーダ・インドネシア航空といったアジアの航空会社のほか太平洋路線でトップシェアを誇るノースウエスト航空、格安航空券のヴァージン・アトランティック航空などです。旅行雑誌などによる人気投票では、シンガポール航空とヴァージンが高い支持を集めています。ヴァージンの場合は音楽CD販売でも丸井と組んでヴァージン・メガストアーズを展開しています。
 また近年、日本では地方空港の国際化が進み、韓国や中国、香港、米国、ロシアの航空会社が函館、青森、秋田、福島、新潟、富山、小松、岡山、広島、高松、長崎、大分、鹿児島などに就航しています。

 こうした外国航空会社の中では、世界的に見てとくに規模が大きいのが米国のアメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、ノースウエスト航空の4社と、欧州のエールフランス、英国航空、ルフトハンザ・ドイツ航空です。日本航空と日本エアシステムは2002年10月に持ち株会社「日本航空システム」の下で経営統合をしましたが、両社併せて世界6位あたりの規模です。航空貨物では米国のUPSやフェデラル・エクスプレスが上位企業で、UPSはヤマト運輸とヤマト・ユーピーエスを設立しています。

 ただ、ここ数年、航空業界は世界的な景気低迷の影響で収益が悪化しており、かならずしもこうした巨大航空会社の業績がいいわけではありません。とくに2001年9月の米同時テロ事件以後は、米国の航空会社が打撃を受けており、ユナイテッド航空は経営再建中です。さらに、各国での政情不安や2003年3月のイラク戦争とSARS(重症急性呼吸器症候群)が追い打ちをかけ、米国、中国、香港、東南アジア、中東の航空会社が打撃を受けています。早急にSARSに対する安全策を実施しないと、アジアの航空会社が経営破綻する可能性もあります。


進む世界的な大型アライアンス(連合)
 こうした厳しい環境の中、数年前から世界の航空会社間で進められているのが、搭乗手続きやCRS(予約・発券などの総合情報システム)、機材調達・仕入れ、マイレージサービスなどでの業務提携で、共同運行も増加してきています。
 もっとも大きなアライアンス(連合)がユナイテッド航空とルフトハンザ・ドイツ航空を中心とする「スター・アライアンス」で、全日空、タイ国際航空、シンガポール航空など14社が加盟しています。アメリカン航空と英国航空を中心とするのが「ワン・ワールド」で、キャセイパシフィック航空、イベリア航空など8社が加盟しています。さらにエールフランス、デルタ航空、大韓航空などの「スカイチーム」に、ノースウエスト航空、コンチネンタル航空(米)、KLMオランダ航空などの「ウイング」が合流する方向です。また、航空貨物では日本航空は「WOW」というルフトハンザドイツ航空やシンガポール航空との連合に加盟しています。

 日本の航空業界と世界の航空業界を比べてみると、2つの点で不利です。1つは、成田空港と関西空港の規模が小さくハブ空港となりえないことです。ハブ空港とは、乗り継ぎが容易な拠点空港のことで日本はアジアのハブ空港の座をソウル、シンガポール、香港などに奪われています。2つ目は日本の空港使用料(ジャンボ機で1回約90万円)が、世界の主要空港と比べて2〜10倍とかなり高いことです。
 さて、外国航空会社を知るには、やはりその国の航空機に乗ってみることです。自分なりに食事などのサービスや乗り心地をチェックしてみるのも楽しいものです。



雨ときどき曇り
ときどき
世界的な航空不況で採用は少ないが、航空貨物会社にニーズがある。客室乗務員などの募集は、月曜日のジャパンタイムズと日曜日の朝日新聞に突発的に採用広告が載る。航空管制官などの資格を取得しておくといい。
 

 
利用規約 プライバシーポリシー お問合せ採用ご担当者 Copyright (C) 2002 The Japan Times Entertainment, Inc. All rights reserved.