英語を活かした転職なら Japan Times Jobs - 外資系、バイリンガル、英語求人多数
Contents
外資系企業とは?

医薬品業界

流通業界
自動車業界
金融業界
銀行業界
保険業界
情報通信(インターネット)業界
ホテル・レジャー業界
航空業界
コンピュータ業界
電機・機械・半導体業界
ファッション・アパレル業界
外食業界
食品業界
化学・化粧品・トイレタリー業界
医療機器・精密機器業界
ソフトウエア業界
情報サービス・コンサルティング業界
音楽・映画業界
広告業界
 
自動車業界
 
ドイツ車が強いが、外車全体の販売は厳しい展開

  日本市場の自動車(乗用車・小型車)の販売台数では、トヨタ自動車が40%前後を占めており他社を圧倒しています。外車でもっとも売上台数が多いのが、ドイツ車のフォルクスワーゲンとベンツで毎年5〜6万台です。アメ車は不振でフォードなど各車種とも1万台以下です。外車全体の占有率は7〜8%程度です。

「ゴルフ」などを販売するフォルクスワーゲンは1983年に東京に日本法人を設立しましたが、1992年に愛知県豊橋市に本社を移転しました。ここに日本最大のインポートセンターを完成させ、輸入車のメンテナンスの基地としました。現在、豊橋市を中心とする三河港は日本最大の自動車輸出入港でメンテナンス基地となっています。
 1998年にドイツのメルセデス・ベンツと米国のダイムラー・クライスラーが合併して誕生したダイムラー・クライスラーは、人気車種の「ベンツ」を持ち、外車市場では優位に展開しています。AMGメルセデスの輸入権はヤナセから移管しました。豊橋市の事業所のほか横浜市にトレーニングセンター、日立市に新車整備センターを持ちます。
 BMWは、千葉市に本社を、東京・港区に販売の拠点(BMW東京)を置いているほか、BMW東京が、中古車センターを東京・世田谷や横浜に展開しています。

 世界一の自動車メーカーである米ゼネラルモーターズ(GM)の日本法人設立は古く、1927年です。ただ、本格的に攻勢に出たのは90年代に入ってからで、1992年に東京・昭島市にテクニカルセンターを設立するなど、日米自動車摩擦の象徴として日本市場での部品拡大が推進されました。「キャディラック」「サターン」は、ヤナセが輸入と販売を担当しています。なお、ヤナセは業績不振から総合商社の伊藤忠商事の支援を受けています。
 世界第2位の自動車メーカーである米フォード・モーターは、1930年代に日産自動車の「ダットサン」への技術協力をするなどしていますが、日本法人の設立は1974年です。ただ、フォード車自体の販売は芳しくなくフォードブランドの浸透を図っているところです。このほかスウェーデンのボルボ、仏プジョー、伊フィアットらが日本法人を設立していますが、いずれも小規模です。なお、これらの外資系企業は日本でクルマを作っているわけではありません。クルマは本国などから輸入し、日本市場ではすべて「自動車販売会社」です。


日本の自動車メーカーが次々と外資傘下へ

 ところで、日本には自動車の完成車メーカーが11社ありますが、純粋な日本企業はトヨタとホンダ、およびトヨタ傘下のダイハツ工業と日野自動車の4社です。
 最近、注目を集めたのが日産自動車です。日産自動車は経営不振から1999年に仏ルノーの資本が入り(持ち株比率44.3%)、ルノーからカルロス・ゴーン氏を社長として迎え入れ、厳しいリストラを敢行した結果、業績が持ち直してきました。日産自動車の子会社の日産ディーゼル工業もルノー傘下となっています。

 また、リコール隠し問題などが業績に響いた三菱自動車にも00年10月、ダイムラー・クライスラー(米・独)が資本参加(持ち株比率34.0%)し、社長が派遣されています。三菱自動車は三菱グループの企業ですが、社長会の「金曜会」に初めて外国人社長が加わりました。さらに、フォードがマツダの33.4%の株式を持っています。
 GMは、いすゞ自動車、スズキ、富士重工業を傘下に治めています。とくに2002年、いすゞ自動車の再建に1000億円を支援し、ディーゼルエンジン事業を得ています。スズキに対しても1999年より持ち株比率を上げていき、現在は20.0%となっています。富士重工業とも2000年に提携し、持ち株比率を21.0%としています。これにより3社とも北米市場ではGMのネットワークを利用してバイクや4WDを展開しているところです。

 このように世界のビッグメーカーは、外車販売自体は苦戦しているのですが、日本の自動車メーカーを次々と傘下に置き、経営権を握ってきているところです。また、自動車業界は、大手各社がお互いに技術・販売協力をしており、提携関係が複雑に入り組んでいるのが特徴です。たとえばトヨタは、GM、フォルクスワーゲン、プジョーらと提携しています。ただ、日本市場での自動車業界の全体像は「トヨタ・ホンダの民族派vs外資系・外資導入企業」という構図といえ、民族派が外資を圧倒しています。なお、2002年の乗用車販売は、33年連続首位だったトヨタの「カローラ」に代わりホンダの「フィット」が首位となりました。就職・転職に際しては、「どのクルマが好きか」ということも大事な要素といえます。

曇り
自動車の外資系企業は、クルマを作るメーカーではなく外車の販売会社である。よって、外車の営業マンのニーズはあるが、企画や宣伝、国際担当などのスタッフ部門は少ない。技術系の仕事は自動車を作るのではなくメンテナンスとなる。
 

 
利用規約 プライバシーポリシー お問合せ採用ご担当者 Copyright (C) 2002 The Japan Times Entertainment, Inc. All rights reserved.