KOGAKUKAN
Company ProfileCareer ChangeFeatured Article
 
 
日能研プラネットの個別指導塾。帰国生入試の英語指導を担当する時間講師を募集します。
英語の受験指導を、英語で小学生に
グローバルな視点や経験をもつ子どもたちを積極的に受け入れようと、帰国生を選抜する試験を採用する学校も増えてきました。また、小さい頃から海外で過ごしてきたわが子の将来を考えて、ご家庭が私学を選択するケースも増加傾向にあります。
その選抜試験において問われる英語力は、「現地の小学生6年生が持っているであろう力」と言われていますが、そのレベルはなかなかのもの。英検でいうと2級から1級程度までで、学校により千差万別です。

弊社でのお仕事は、受験を考える子どもが持っている英語の力を、その受験に対応できるレベルへ引き上げることになります。

英語で考えながら問題に取り組む必要性があることから、授業も英語で行うことがしばしば。ご自身がお持ちの英語のスピーキング力・語彙力・文法力を最大限に発揮していただく機会にあふれています。
日能研プラネットの個別指導ユリウス
中学受験の大手塾「日能研」のグループ会社である(株)向学館は、個別指導・グループ学習のユリウスと映像授業の河合塾マナビスを運営しています。生徒数はおよそ2500名。小学生から高校生までをお預かりしています。
2015年から中学受験のフィールドで「帰国生入試の英語指導」を希望する生徒をお預かりし、希望する学校への合格を目指した受験指導を行っています。学校によりその問題傾向や難易度は大きく異なる状況から、生徒が持っている英語力のみで試験を突破するのはかなり難しく、対策が必要となっています。
日能研に在籍し帰国生入試を選択肢の一つと考える生徒や、日能研のメルマガ会員として情報収集された方からのお申し出にお応えし、個別指導という形態で受験指導を始めました。

今回この「帰国生入試の英語指導」分野において業務拡大を図りより多くの受験生のご期待に応えるため、講師となって生徒の学習指導をしていただく方を新規募集いたします。

高い英語力と海外経験は、子どもたちがあこがれる将来像
帰国生のなかには英語で考えたり発言したりするほうが得意な子もいれば、すでに英語の回路より日本語の回路のほうが優位になっている子もいたり、その子の英語力はさまざまです。海外での滞在年数や帰国時期によっても異なります。
しかしながら、「育った国に戻って大学生になりたい」「その国に帰って仕事をしてみたい」などの希望を持っている生徒は非常に多くいます。
もし、先生となる人が自分と同じ経験を持っていたり、自分がそうなりたいと思える経験を持っていれば、間違いなく子どもたちのあこがれの将来像になるでしょう。そんな先生と一緒に学習できることは、子どもたちにとっては大きなモチベーションとなります。

高い英語コミュニケーション能力・文法力・語彙力、そして海外経験、ご自身も帰国生であるという経験などをお持ちの方、大歓迎です。
職種一覧 Teacher
Company Profile Career ChangeFeatured Article PAGE TOP